2022.5.19

琉球・沖縄文化伝える240件―特別展「琉球」7月から九州国立博物館で開催

報道発表会で見どころなど紹介
国宝 紅色地龍宝珠瑞雲文様紅方綾袷衣装(琉球国王尚家関係資料)第二尚氏時代・18~19世紀
沖縄・那覇市歴史博物館蔵

九州国立博物館(福岡県太宰府市)で7月16日から9月4日まで開催される特別展「琉球」(読売新聞社など主催)の報道発表会が18日、同館で開かれた。

特別展は沖縄の本土復帰50年を記念して企画。琉球王国の国王、尚家に伝わる宝物を中心に琉球・沖縄の文化を伝える約240件を展示する。振り袖に龍の文様が染められた王族の衣装「紅色地べにいろじりゅう宝珠ほうじゅ瑞雲ずいうん文様もんよう紅型びんがたあやあわせ衣裳いしょう」(那覇市歴史博物館蔵)といった国宝も並ぶ。

また、太平洋戦争で損壊した「円覚寺仁王像」などの失われた文化財を高度な技術で模造復元した作品も紹介する。

(2022年5月19日付 読売新聞朝刊より)

特別展「琉球」 6月26日までは東京国立博物館で開催中です

Share

0%

関連記事