日本が誇る伝統文化を次の世代へ

紡ぐプロジェクトが目指す新たな文化の伝承

SCROLL

紡ぐプロジェクトとは

「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』−皇室の至宝・国宝プロジェクト−」は、皇室ゆかりの美術工芸品や国宝・重要文化財など、日本の美を未来へ伝え、世界へ発信していくために、文化庁、宮内庁、読売新聞社が官民連携で取り組む事業で、2018年11月に発表しました。

特別展覧会の開催、日本美術・文化の魅力を内外に発信するポータルサイトの運営、文化財修理と言った事業に特別協賛・協賛企業の協力を得ながら取り組みます。展覧会などの収益の一部は、貴重な文化財の修理に充て、文化財の「保存・修理・公開」のサイクルを永続させる仕組みを作っていきます。

「紡ぐ」への思い

「紡ぐ」の名称は、平成の皇后陛下が飼育されてきた「小石丸」と呼ばれる国産種の蚕の糸が文化財修理のために下賜されてきたことにヒントを得て、「日本の美を守り、次の時代につないでいく」という思いを込めて名付けました。

ロゴの「紡」の字は、宮田亮平文化庁長官の揮毫です。糸偏に、禅の言葉で宇宙を表すとされる「丸、三角、四角」の丸と三角をあしらい、さらに文字を八角形で囲み、過去から未来へ途切れることなく受け継がれていく営みが四方八方へと広がっていくさまを表現しています。

紡ぐポータルサイトについて

文化財や美術品だけでなく、伝統芸能や工芸品、和菓子、着物、茶道……。日本文化は魅力にあふれています。
「良いものなんだろうけれど、少し敷居が高そうだな」と思っていませんか?
「そろそろ日本文化のことを知っておきたい」——そう感じることはありませんか?
「紡ぐ」は「日本文化のコンシェルジュ」として、職人の技が光る器を日常生活に取り入れる工夫から、第一線の専門家による作品解説、選りすぐりの美術展、伝統芸の公演情報まで、多彩なコンテンツをお届けします。
和のときめきに触れる新しいライフスタイルを一緒に始めてみませんか。

「紡ぐプロジェクト」からのお知らせも随時掲載します。特に修理事業については、技術者の技や修理のために使われる和紙や絹といった素材など、様々な角度から光を当て、その奥深い世界に誘います。
このサイトは「紡ぐプロジェクト」の一環で運営します。

サイトトップへ

紡ぐプロジェクトのあゆみ

2018年

11月29日

文化庁の宮田亮平長官と読売新聞グループ本社の山口寿一社長が記者会見し、紡ぐプロジェクトの開始を発表

2019年

2月20日

修理を施す8作品について、有識者による選考委員会が決定

3月3日

2020年東京五輪・パラリンピックに合わせて政府が開催する「日本博」に、紡ぐプロジェクトが参画

3月4日

紡ぐプロジェクトの開会記念式典を東京国立博物館で開催

3月5日

特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流−日本美を伝える−」が東京国立博物館で開幕(4月29日まで開催)

3月13日

天皇、皇后両陛下(現在の上皇ご夫妻)が特別展を鑑賞

3月28日

紡ぐプロジェクト開幕を記念するフォーラムをよみうり大手町ホールで開催

3月31日

安倍首相が特別展を鑑賞

4月8日

文化庁主催の「新指定国宝・重要文化財」展で、読売新聞社が紡ぐプロジェクトの一環として特別協力を行うと発表

4月11日

修理事業として、知恩院蔵「阿弥陀二十五菩薩来迎図」(早来迎)の作業開始

4月15日

秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまが特別展を鑑賞

4月24日

皇太子ご夫妻(現在の天皇、皇后両陛下)が特別展を鑑賞

5月3日

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 −雪舟、永徳から光琳、北斎まで−」が東京国立博物館で開幕(6月2日まで開催)

8月20日

公式サイト「紡ぐ TSUMUGU : Japan Art & Culture」オープン

特別協賛Special Sponsorship

協賛Sponsorship