2022.4.5

見どころは? 特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」記者発表会を開催

今夏に東京都台東区の東京藝術大学大学美術館で開かれる特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」(読売新聞社など主催)の記者発表会が4日、同館で開かれた。日本美を守り伝える「紡ぐプロジェクト」の一環で、宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵する皇室ゆかりの名品を中心に82件を展示し、日本美術を分かりやすく紹介する。

安土桃山時代を代表する狩野永徳の「唐獅子図屏風からじしずびょうぶ」など、昨年に三の丸尚蔵館の収蔵品として初めて国宝に指定された全5件を鑑賞できる(会期中展示替えあり)。このうち、江戸時代の絵師、伊藤若冲の代表作「動植綵絵どうしょくさいえ」は全30幅の連作だが、今回は鳥や花などを描いた10幅を展示する。

会期は8月6日(土)~9月25日(日)。

(2022年4月5日付 読売新聞朝刊より)

必見! 「美術展ナビ」による報道発表リポート
ご覧いただける「動植綵絵」10幅は…
公式サイトでも見どころを紹介しています

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tamatebako2022/

Share

0%

関連記事