2021.11.20

特別展「最澄と天台宗のすべて」 私の1点<下> おごそかな空間 再現…森友嵐士さん

根本中堂の内陣と不滅の法灯の再現

これまで何度も比叡山に登りましたが、普段見られないものばかり展示されていて感動しました。何より見たかった最澄直筆の「久隔帖きゅうかくじょう」(展示終了)や寛永寺の秘仏が見られるとは思ってもいなかった。

比叡山で一番好きなところは根本中堂。おごそかで何とも言えない静寂がある。いままで生きてきた中で体験したことのない空間。その根本中堂の再現展示があることも驚いた。普段は遠くでしか見られない十二神将のうちの2将と、梵天ぼんてんと帝釈天も展示され間近に見られる。

中堂のご本尊が出られたらどれだけすごかったかと思ってしまうが、それは実際の改修工事が終わった後に、御開帳があればと期待が膨らむ。ぜひ比叡山に足を運んでほしい。

(森友嵐士 ロックボーカリスト、比叡山親善大使)

東京会場は11月21日まで!

特別展「伝教大師1200年大遠忌記念 最澄と天台宗のすべて」は東京国立博物館(上野)で11月21日まで開催中。詳しくは、ホームページ(https://tsumugu.yomiuri.co.jp/saicho2021-2022/)で。

あわせて読みたい 根本中堂60年ぶりの大改修についてリポートしています
再現展示の前で森友さんが歌を披露してくださいました!

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ