2020.8.22

新潟・今代司酒造と村上茶のコラボ―新潟テーマの日本酒アイスが登場

今代司酒造「天然水仕込み純米酒 今代司」と村上茶の紅茶を合わせた日本酒アイス(右)

東京・浅草の日本酒アイスクリーム専門店「SAKEICE」はこのほど、1767年創業の酒造「今代司いまよつかさ酒造」(新潟市)の看板酒「天然水仕込み純米酒 今代司」に、商業的なお茶の生産地としては国内北限とされる新潟県村上市の「村上茶」を合わせた新フレーバーの販売をスタートした。

「SAKEICE」は日本酒を混ぜ込んだ、アルコール度数約4%の大人向けアイスクリーム。季節ごとに全国各地の日本酒を使用した新フレーバーを発表している。

今回使われた「今代司」を製造する今代司酒造は、アルコール添加をいっさい行わない全量純米仕込みの酒蔵。また、村上茶は、寒冷な気候により渋みが少なく、甘味があることが特徴で、明治時代には村上茶で作られた紅茶が海外にも輸出されていた。

今回は、その村上茶の紅茶と緑茶を用いて2種類のアイスクリームを完成させた。日本酒のうまみが感じられつつも、お茶の豊かな香りが楽しめる上品な味わいに仕上げている。いずれも500円(税別)。

SAKEICE Asakusa Shopの店舗で販売している。営業時間は通常は午前10時から午後6時だが、現在は、新型コロナウイルス感染予防のため時短営業で正午から午後5時まで。定休日なし。

公式サイトはこちら

https://sakeice.jp/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ