2022.2.8

特別展「最澄と天台宗のすべて」―九州国立博物館で8日開幕

内覧会で重要文化財「聖観音菩薩立像」(滋賀・延暦寺蔵)を鑑賞する参加者ら(7日、九州国立博物館で)=中山浩次撮影

伝教でんぎょう大師だいし最澄の1200 年大遠忌だいおんきを記念した特別展「最澄と天台宗のすべて」(読売新聞社など主催)が8日、九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開幕する。

7日には関係者向けの内覧会が開かれ、天台宗の総本山・比叡山延暦寺をはじめ、各地の寺院が守り伝えてきた仏像や絵画など約120件が公開された。

延暦寺の横川よかわ中堂の本尊「しょう観音かんのん菩薩ぼさつ立像りゅうぞう」(重要文化財)は、優美な姿を横や背後からも見ることができる。

現存最古の最澄の彫像「伝教大師(最澄)坐像ざぞう」(重要文化財、滋賀県・観音寺蔵)や、通常は60年に1度しか見ることのできない愛媛県・等妙寺の秘仏「菩薩遊戯 ゆげ坐像」なども出品される。会期は3月21日まで。

(2022年2月8日付 読売新聞朝刊で掲載)

あわせて読みたい

延暦寺から展覧会への出展に向け、宝物を点検する「御開封之儀」をリポートしました
展覧会グッズや見どころ、チケット情報は公式サイトで!

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/saicho2021-2022/

Share

0%

関連記事