2022.6.9

琉球漆芸の技を体験! 特別展「琉球」で沈金ワークショップ開かれる

講師の前田春城さん(右)、貴子さん(中)に教わりながら、参加した子どもたちは金箔を塗り込んだ

沖縄復帰50年記念の特別展「琉球」に合わせ、沖縄を代表する工芸のひとつ「琉球漆芸」の体験ワークショップが5月29日、会場の東京国立博物館(東京・上野公園)で開かれた。

沖縄にはさまざまな漆芸技法が伝わっている

中国をはじめとするアジアの国々や、江戸幕府などとの交易で栄えた琉球王国では、漆器は輸出品、献上品として重用され、王府の管理のもとで製作されていた。黒地にヤコウガイの貝殻が光り輝く「螺鈿らでん」、朱色地に金箔で精緻な文様や美しい花鳥が描き出される「沈金ちんきん」、漆に顔料(絵の具)を混ぜたものを貼って模様を描く「堆錦ついきん」など、様々な技法が今に伝わっている。

ワークショップでは、このうち「沈金」を体験した。午前10時半からの会は親子向けで、事前申し込みで当選した10組が集まった。

講師役の前田貴子さん、前田春城さん(沖縄県豊見城市)は、漆工品の製作のほか、首里城正殿の漆の塗り直しにも参加。沖縄戦で失われた文化財を復元する「琉球王国文化遺産集積・再興事業」にも携わり、いにしえの技を今に取り戻し、次代に伝える取り組みにも力を入れている。

琉球漆芸の多彩な技法について紹介する前田貴子さん(左)と春城さん
朱漆に金箔 鮮やかに描き出された

参加者はまず琉球漆芸の歴史について学んだあと、実際に漆を塗った板に、カーボン紙を使って図案を写し、それを「ニードル」と呼ばれる道具で彫り進めた。その溝に漆を塗り、金箔を重ねて塗ることで模様が描き出される。参加した子どもたちは、お気に入りのぬいぐるみや動物、沖縄にちなんだシーサーや首里城など、オリジナルの図案を用意し、自分だけの作品に仕上げていた。

下絵をカーボン紙の上からなぞり、板に写す
下絵に沿ってニードルで溝を彫っていく
金箔を塗り込むと、彫った線が金色できれいに浮かび上がる。「わー!」と歓声が上がった

「漆は高温多湿な環境で乾いて安定します。1か月から2か月ほどたてば、あとは普通の食器のようにスポンジで洗っても大丈夫。古い漆器が残っているように、100年だってもちますよ」と春城さん。

お気に入りのぬいぐるみをデザインした作品も

子どもたちは「楽しかった」「昔から続いている技を体験できてうれしい」「もっと沖縄のことを調べて夏の自由研究に仕上げたい」と話していた。

前田さんが復元に携わった「朱漆しゅうるし巴紋ともえもん沈金ちんきん御供飯うくふぁん」も特別展で展示されました!
特別展「琉球」では琉球漆器の数々もお見逃しなく! 沖縄県立博物館・美術館所蔵の「朱漆巴紋牡丹沈金御供飯」が展示中です。

【公式サイト】https://tsumugu.yomiuri.co.jp/ryukyu2022/

Share

0%

関連記事