2021.11.27

琉球王国の王冠など国宝・重文94件展示―東京・福岡で復帰50年記念の特別展

国宝「玉冠(付簪)」那覇市歴史博物館蔵 東京会場:5月3日~5月15日展示、九州会場:展示期間未定

東京国立博物館、九州国立博物館などは11月26日、沖縄が2022年で復帰から50年を迎えることを記念して、特別展「琉球」(読売新聞社など主催)を来年開催すると発表した。文化庁、宮内庁、読売新聞社が推進する「紡ぐプロジェクト」の一環。

かつての琉球王国の国王、尚家しょうけの宝物や、交易でアジア各地を結んだ琉球の歴史を伝える文化財、沖縄戦で失われた文化財の模造復元など、両館合わせて約390件(国宝72件、重要文化財22件)を、幅広く展示する。

国宝の「玉冠たまんちゃーぶい付簪つけたりかんざし)」は、水晶やサンゴなどで作られた色とりどりの飾り玉計288個が留め付けられた琉球国王の冠。王権の象徴であり、琉球独自の美意識を今に伝えている。「模造復元 円覚寺仁王像(阿吽あうん)」は、沖縄戦で失われ、混乱の中で市民や学芸員が拾い集めた仁王像のかけらを基に、復元された。

特別展の会期は、東京国立博物館(東京都台東区)が5月3日~6月26日、九州国立博物館(福岡県太宰府市)が7月16日~9月4日。

(2021年11月27日読売新聞朝刊より)

出品作品は公式サイトでチェック!

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/ryukyu2022/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ