2020.8.1

奇想の絵師 長沢芦雪の魅力を探る

無量寺の本堂に描かれた重要文化財「虎図」(展示はデジタル複製品)

奇想の絵師として、近年人気が高まる長沢芦雪。画風に迫力があるのにどこかユーモラスで、もふもふとかわいらしい動物たちも描いた芦雪の魅力を伝えるTSUMUGU: Japan Art & Culture のコンテンツをまとめました。また、紡ぐプロジェクトでは今年度、芦雪が和歌山県串本町の成就寺に残した重要文化財「方丈障壁画」の一部を修理助成事業の対象にしています。

芦雪とは、どんな人?

蘆雪は江戸時代中期の1754年、今の兵庫県、丹波国篠山で生まれました。父は藩主の家臣だったと伝わります。

芦雪肖像 加藤修(頴泉) 京都国立博物館蔵 出典:ColBase(https://colbase.nich.go.jp/)

やがて「写生派の祖」といわれる円山応挙の弟子となり、リアルに立体的に描く技を学びました。立体的な描写は、現代の私たちにとってはごく普通ですが、当時は斬新でした。

芦雪の短くも激しい生涯……続きは、日本スター絵師列伝vol.3へ!

芦雪はなぜ南紀へ?

芦雪は天明6年(1786年)、絵の師である円山応挙の名代として南紀を訪れ、わずか半年ほどの滞在中に、寺院の障壁画から民家の屏風にいたるまで、膨大な量の作品を描き残しました。その中でも特に有名なのは、無量寺(串本町)が所蔵する重要文化財「虎図襖」です。

地元・串本の人々によって守られ、伝えられてきた芦雪の作品の数々。自然美あふれる黒潮の町に残る芦雪の足跡を、記者がたどりました。

芦雪の傑作が、修理へ

串本町の成就寺には応挙の作品がなく、芦雪がひとりで本堂の障壁画48面を手がけ、うち45面が「方丈障壁画」として国の重要文化財に指定されています。作品の多くは県立博物館に寄託されており、2020年7月、寺に残された最後の1面が、修理のために寺から運びだされました。作業の様子の記事は、こちら。

修理の様子を迫力の動画で

紡ぐプロジェクトの公式ツイッターでは、運び出し当日の様子を動画でリポート。当日の作業の様子を臨場感たっぷりにお届けしました。当日のツイートまとめは、こちらから。

龍虎に大阪で会える!!!

無量寺が所蔵する重要文化財「虎図襖」「龍図襖」が、大阪・あべのハルカス美術館で開催される「 奇才 ―江戸絵画の冒険者たち― 」(9月12日~11月8日)にて展示されます。展示期間は10月13日~11月8日の予定です。詳細は、美術館の公式サイトをご覧下さい。

https://www.aham.jp/exhibition/future/kisai/

芦雪、今後も関連コンテンツ

このサイトでは、今後も長沢芦雪に関連するコンテンツを更新していきます。芦雪のコンテンツは、こちらから一覧でご覧いただけます

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ