2020.9.7

【作家が語る】田中照一―工藝2020出展作品から

よう
田中 照一 2014年 W・D・H:45.5・41・19cm (個人蔵)【金工】

朝日に輝く、流れの様を表現してみました。赤銅板と銅板、各1.2ミリ厚を接合した後に鍛金の鉸り技法により成形し、上部表面を芋鎚で、流れを叩き、鍍金をした後に、煮込着色等により色金特有の被膜を作って仕上げました。

田中 照一(1945- ) Tanaka Terukazu
東京都生まれ。1964年東京都立工芸高校金属工芸科を卒業し、父のもとで修業した。日展を主体に活動し、1995年及び2006年特選を受賞、また光風会や日本新工芸展でも受賞を重ねた。赤銅や銅の薄い板を溶接し、鍛金の絞り技法で成形したおおらかな器胎に、鏨や鎚で彫金して金消しや銀消しで水流や波立ちの煌めきを表現している。東京都台東区在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ