2020.9.7

【作家が語る】加藤令吉―工藝2020出展作品から

煌紫創生こうしそうせい
加藤 令吉 2014年 W・D・H:46・24・54cm (個人蔵)【陶磁】

逞しく立ち上がる生命力を表現。手びねり技法で制作し、黒泥彩による器面には金・銀・紫の彩色を施し絢爛な世界を表し、左右に付けた角は多様性を示す。

加藤令吉(1953- ) Katō Reikichi
愛知県生まれ。1976年玉川大学文学部芸術学科陶芸専攻を修了、慶長年間から続く家業の瀬戸・赤津焼窯元に入って修業した。日展を主体に活動し、1985年及び1997年特選、2006年会員賞を受賞した。また中日国際陶芸展、日本新工芸展、日工会展等でも受賞を重ねた。プリミティブな形象の白い陶に黒い泥彩を施し、黒泥彩の黒のオブジェに金や銀、色釉の彩色を施すなどして、生命の発生や存在を想起させる造形を手掛けている。《煌紫創生》は、黒泥彩のオブジェ陶で、黒い地肌の一面に金と銀、紫の彩色で絢爛な世界を垣間見せて生命の創生をうかがわせている。愛知県瀬戸市在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ