2020.9.7

【作家が語る】中田一於―工藝2020出展作品から

紫地紫苑釉裏金銀彩花文 鉢むらさきじしおんゆうりきんぎんさいはなもん はち
中田 一於 2019年 W・D・H:46.7・46.7・14.7cm (個人蔵)【陶磁】

「銀箔」という素材に魅せられて、長年、釉裏銀彩の仕事を続けてきましたが、この作品はこれまでの銀箔に加えて、金箔、プラチナ箔も用いてそれぞれの箔の特性を融合させた作品に挑戦してみました。

中田 一於(1949- )Nakada Kazuo
石川県生まれ。1978年三代徳田八十吉に師事。伝統工芸を主体に活動し、日本伝統工芸展で1982年奨励賞、1990年優秀賞、2010年保持者賞を受賞した。2015年伝統文化ポーラ賞優秀賞受賞。釉裏銀彩を基調に独自の創意を発揮し、金銀彩に淡青釉や淡桜釉等の上釉と相乗する意匠に多彩な表現を獲得した。《紫地紫苑釉裏金銀彩花文鉢》は、紫地の丸窓にパンジー様の花文と幾何学的な文様を釉裏金銀彩で表した制作で、銀箔に金箔とプラチナ箔を併用して輝きの彩りを豊かにしている。石川県小松市在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ