2020.5.27

聖林寺展 1年程度の延期を決定

読売新聞社と文化庁、日本芸術文化振興会などは、「紡ぐプロジェクト」と日本博の一環として6月16日から東京国立博物館(東京・上野)で予定していた特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」の会期を変更することを決めた。1年程度の延期を予定している。

2021年2~3月に巡回予定だった奈良国立博物館(奈良市)での開催も、1年ほど先延ばしする方針だ。

展覧会の延期は、新型コロナウイルスの影響で、当初の計画通りに準備することが難しくなったため。

特別展「 国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ 」公式サイト

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ