2020.10.15

特別展「工藝2020」 10月17日国際シンポジウムをライブ配信―日本の工芸と自然の関わり、世界から愛される理由とは?

特別展「工藝2020―自然と美のかたち−」の関連プログラムとして、国際シンポジウムが10月17日に開催される。

展覧会の趣旨に沿って、暮らしの中にある工芸の「美」と自然との関わりについて、作家自らが語る。また、世界で高い評価を得ている日本の現代工芸について、海外の人たちがどんなところに魅力を感じているのかを探り、国際的に発信する意義や課題などについて考察する。

シンポジウムの様子は、YouTube日本博公式チャンネルでライブ配信される。

国際シンポジウムの概要

■日時 10月17日(土)11:00~13:00 

■プログラム

(1)基調講演
タイトル:「工藝2020-自然と美のかたち-」(仮)
講演者:内田篤呉氏(MOA美術館館長)

(2)ビデオメッセージ 伊東豊雄氏「日本の自然と建築」

(3)パネルディスカッション「工藝と自然」「海外における日本の工芸」
モデレーター:内田篤呉氏(MOA美術館館長)
パネリスト:三輪休雪氏(陶磁)、室瀬和美氏(漆芸)、森野泰明氏(陶磁)、諸山正則氏(工藝2020展キュレーター)、ニコル・ルマニエール氏(セインズベリー日本藝術研究所研究所研究担当所長、イースト・アングリア大学日本美術教授)

■オンライン視聴 https://www.youtube.com/watch?v=6MHl_37wzVc

■注意事項
・配信動画の録音・録画はご遠慮ください。
・インターネット回線の状況やパソコン環境等により、映像や音声が途切れるなど、正常に視聴できないことがありますがご了承ください。

■問い合わせ先
kogei2020sympo@gmail.com (独立行政法人日本芸術文化振興会 日本博事務局/工藝2020国際シンポジウム担当)

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ