2020.9.5

【作家が語る】百貫俊夫―工藝2020出展作品から

芸術は夢の中に

百貫 俊夫 2014年 W・D・H:140・-・120cm (個人蔵)【染織】

私はいつも多くの不思議な夢を見る。夢の中に現実でない世界を教えられる。これが私だけの芸術の世界であると思う。

百貫 俊夫(1944- ) Hyakkan Toshio
石川県生まれ。1966年友禅の木村雨山に師事した。日展を主体に活動し、1988年及び1991年特選、2010年文部科学大臣賞受賞、日本現代工芸美術展でも受賞を重ねた。加賀友禅の伝統を踏まえ、自らのファンタジーの世界を自由にして伝説と空想の世界、様々な生き物が自然と豊かに共生する世界を表現している。石川県金沢市在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ