2020.9.7

【作家が語る】田口壽恒―工藝2020出展作品から

鍛朧銀盛器たんおぼろぎんもりき
田口 壽恒 2017年 W・D・H:28.5・32・11cm (個人蔵)【金工】

加工しにくい素材ですが、仕上がると美しく、落ち着いた色合いの作品に仕上がります。叩きながら、美しく仕上がることを思い想像しながら制作を続けました。鎬ぎを立てたりすると割れたりするので気を使いました。外側は鎚目打ちに、内側は磨き仕上げとしました。

田口 壽恒(1940- )Taguchi Toshichika
東京都生まれ。1959年東京都立工芸高等学校金属工芸科卒業後、江戸時代から伝統の技を受け継いだ父・田口恒松に師事して鍛金を修業した。伝統工芸を主体に活動し、日本伝統工芸展で1984年優秀賞、1996年奨励賞を受賞した。特に渋い光沢の朧銀を中心に、巧妙な鎚打と滑らかな稜線を作り出して、簡明で重厚な質感をもつ鍛金の造形で高い評価を獲得した。2006年重要無形文化財「鍛金」保持者認定。東京都文京区在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ