2020.9.6

【作家が語る】古見準士―工藝2020出展作品から

風に立つ
古見 準士 2014年 W・D・H:43・30・53cm (個人蔵)【金工】

風の中にはためき、煽られながらも、真直に立とうという気持ちを花の姿を借りて表してみた。鉄素材の持つ強さと、表面処理の鉄銹色の温かさ、やさしさとの対比も楽しんでいただけたらと思う。

古見 準士(1950- ) Furumi Junji
東京都生まれ。1975年東京学芸大学大学院修了。日展を主体に活動し、1982年及び1986年特選を受賞、日本新工芸展でも受賞を重ねた。鉄の卓越した鍛造に特有の素材感と柔和な表情を表し、新芽や蕾、花の心象を豊かな膨らみとしエッジの切れ込みによって静的な躍動感を与える制作としている。東京都東久留米市在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ