創建1200年記念 特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」/空海も見つめたご本尊 京都から上野へ/2024年7月17日(水)~9月8日(日)/東京国立博物館 平成館(上野公園)/国宝 両界曼荼羅図(高雄曼荼羅)のうち金剛界(部分) 平安時代・9世紀、国宝 薬師如来立像(部分) 平安時代・8~9世紀、すべて京都・神護寺蔵

開催趣旨

京都市の北西部、高雄に所在する神護寺(じんごじ)は、紅葉の名所として古くから知られてきました。天長元年(824)、高雄山寺(たかおさんじ)神願寺(じんがんじ)というふたつの寺院がひとつになり、神護(じんご)国祚(こくそ)真言寺(しんごんじ)(神護寺)が誕生します。高雄山寺は平安遷都を提案した和気清麻呂(わけのきよまろ)の氏寺で、唐で密教を学んだ空海(くうかい)が帰国後、活動の拠点とした寺院です。国宝「灌頂暦名(かんじょうれきみょう)」や国宝「両界曼荼羅(りょうかいまんだら)高雄曼荼羅(たかおまんだら))」は、空海に直接関わる作品としてあげられます。また、神護寺の前身寺院にまつられていた国宝「薬師如来立像(やくしにょらいりゅうぞう)」は、平安初期彫刻の最高傑作で、寺外での公開は神護寺史上初めてのことです。本展は、空海と真言密教(しんごんみっきょう)のはじまりの地、神護寺に伝わる寺宝の数々をご紹介するまたとない機会です。1200年を超える歴史の荒波を乗り越え伝わった、貴重な文化財をご覧ください。

みどころ

1. 空海の寺、神護寺。真言密教の源流1200年の至宝集結

唐で体系的な密教を学んだ空海は、その成果をもとに真言密教を打ち立てました。密教では教義の世界観を示す曼荼羅や儀式で使う法具など、数多くの美術工芸品が生み出されました。会場では、空海の生きた時代に制作された、彫刻・絵画・工芸の傑作をはじめ、国宝17件、重要文化財44件を含む密教美術の名品など約100件を展示します。

国宝釈迦如来像
平安時代・12世紀 後期展示

国宝伝源頼朝像
鎌倉時代・13世紀 前期展示

国宝灌頂暦名(部分)
空海筆 平安時代・弘仁3年(812) 
7月17日(水)~8月25日(日)展示

2. 寺外初公開、本尊の国宝「薬師如来立像」

神護寺の前身寺院にまつられていたのが本尊「薬師如来立像」です。量感あふれる造形、威厳あふれる表情は、独特の迫力を生み出し、平安初期彫刻の最高傑作といえます。本展は寺外で本尊の荘厳さにふれていただく、神護寺史上初の機会です。

国宝薬師如来立像
平安時代・8~9世紀 通期展示

3. 約230年ぶりの修復、国宝「両界曼荼羅(高雄曼荼羅)」

金剛界と胎蔵界、密教のふたつの世界観を図示したのが両界曼荼羅です。高雄山神護寺に伝わったため、「高雄曼荼羅」と呼ばれる本作品は、4メートル四方の大きさを誇る、空海在世時に制作された現存最古の両界曼荼羅です。江戸時代以来、およそ230年ぶりに修復された姿をご覧いただきます。

国宝両界曼荼羅(高雄曼荼羅)
平安時代・9世紀 左【金剛界】後期展示/右【胎蔵界】前期展示平安時代・9世紀
上【金剛界】後期展示/下【胎蔵界】前期展示

4. 現存最古の「()大虚空蔵(だいこくうぞう)菩薩(ぼさつ)坐像(ざぞう)」が勢揃い

空海の後を継いだ真済(しんぜい)の代に安置された国宝「五大虚空蔵菩薩坐像」は、日本でつくられた作例のうち、五体が揃う現存最古のものです。仁明(にんみょう)天皇御願とされ、鎮護国家が願われました。品の良い顔立ちと均整の取れた造形は、当時最高の技術を持った工人によって制作されました。寺外で五体揃って公開されるのは初めてのことです。

国宝五大虚空蔵菩薩坐像
平安時代・9世紀 通期展示

国宝五大虚空蔵菩薩坐像
平安時代・9世紀 通期展示
左から、金剛虚空蔵、業用虚空蔵、法界虚空蔵、
蓮華虚空蔵、宝光虚空蔵

  • ※前期展示:7月17日(水)~8月12日(月・休)
    後期展示:8月14日(水)~9月8日(日)
  • ※掲載画像はすべて京都・神護寺所蔵です。

開催概要・アクセス

名称

創建1200年記念 特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

Special Exhibition Commemorating the 1,200th Anniversary of Jingoji Temple’s Founding

Jingoji : The Dawn of Shingon Buddhism

会期

2024年7月17日(水)~9月8日(日)

  • ※会期中、一部作品の展示替えを行います。

会場

東京国立博物館 平成館(上野公園)

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

開館時間

午前9時30分~午後5時

  • ※金曜・土曜日は午後7時まで(ただし8月30日・31日は除く)
  • ※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日、8月13日(火)

  • ※ただし、8月12日(月・休)は開館
  • ※総合文化展は、8月13日(火)開館

主催

東京国立博物館、高雄山神護寺、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション

特別協賛

キヤノン、大和証券グループ、T&D保険グループ、明治ホールディングス

協賛

JR東日本、清水建設、竹中工務店、三井住友銀行、三井不動産、三菱ガス化学、三菱地所、三菱商事

特別協力

文化庁

お問合せ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

150th読売新聞本展の収益の一部は、「紡ぐプロジェクト」における文化財・美術品の修理事業等に充てられます。

東京国立博物館 平成館

東京都台東区上野公園13-9


  • JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
東京国立博物館 平成館(地図)
  • ※入館方法や観覧料等の詳細は、確定次第、本サイト等でお知らせします。
  • ※展示作品、会期、展示期間、開館時間、休館日等については、今後の諸事情により変更する場合があります。最新情報は本サイト等でご確認ください。

報道関係のお問い合わせ

創建1200年記念 特別展「神護寺」広報事務局(共同PR 内)

〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア10階

TEL:03-6264-2382 FAX:0120-653-545 E-mail:jingoji2024-pr@kyodo-pr.co.jp