特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」/2022年8月6日(土)~9月25日(日)/東京藝術大学大学美術館/珠玉のコレクション この夏、東京藝大に集結/桃山文化を代表する絢爛豪華な障壁画

NEWS

2022年4月4日

みどころ・主な出品作品チケットを掲載しました。

2022年1月28日

公式ホームページがオープンしました

国宝 唐獅子図屏風(右隻)/狩野永徳筆/桃山時代(16世紀)/宮内庁三の丸尚蔵館蔵
【展示期間】2022年8月6日(土)~8月28日(日)

じっと見る そっと見る
うつくしい 宝もの

本展は、宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵する皇室の珠玉の名品に、東京藝大コレクションを加えた82件の多種多様な作品を通じて、「美の玉手箱」をひも解き、日本美術の豊かな世界をご覧いただくものです。代々日本の文化の中心に位置して美術を保護、奨励してきた皇室に伝わる多くの優品は、特筆すべき重要な存在です。


また、本展が開催される東京藝術大学は、前身である東京美術学校で岡倉天心が1890年に初めて体系的に日本美術史の講義を行った場所でもあり、以降、芸術の教育・研究機関として重要な役割をもちます。本展は、このような歴史的背景をもつ両者共同ならではのアプローチで、貴重な美術品の数々の魅力をわかりやすくご紹介します。


国宝 動植綵絵 向日葵雄鶏図/伊藤若冲筆/江戸時代 宝暦9年(1759)/宮内庁三の丸尚蔵館蔵
【展示期間】8月30日(火)~9月25日(日)

開催概要・アクセス

名称

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」

会期

2022年8月6日(土)~9月25日(日)

  • ※会期中、作品の展示替えおよび巻替えがあります
    前期展示:① 8月6日(土)~8月28日(日)/ ② 8月6日(土)~9月4日(日)
    後期展示:① 8月30日(火)~9月25日(日)/ ② 9月6日(火)~9月25日(日)

開館時間

午前10時~午後5時

  • ※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(ただし、9月19日(祝)は開館)

会場

東京藝術大学大学美術館(台東区・上野公園)

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

観覧料

一般2,000円(1,800円)、高・大学生1,200円(1,000円)

  • ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
  • ※( )は前売り料金、詳細はチケットページを参照。

主催

東京藝術大学、宮内庁、読売新聞社

特別協賛

キヤノン、大和証券グループ、三井不動産、三菱地所、明治ホールディングス

協賛

JR東日本、清水建設、髙島屋、竹中工務店、三井住友銀行、三菱商事

特別協力

文化庁、紡ぐプロジェクト

お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

地図(東京藝術大学大学美術館)

東京藝術大学大学美術館(台東区・上野公園)

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8


  • JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
  • 京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分

  • ※駐車場はございませんので、お車での来館はご遠慮ください

国宝 唐獅子図屏風(右隻)/狩野永徳筆/桃山時代(16世紀)/宮内庁三の丸尚蔵館蔵
【展示期間】2022年8月6日(土)~8月28日(日)

国宝 動植綵絵 向日葵雄鶏図/伊藤若冲筆/江戸時代 宝暦9年(1759)/宮内庁三の丸尚蔵館蔵
【展示期間】8月30日(火)~9月25日(日)

プレス問い合わせ

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」広報事務局

TEL. 03-6821-8808 / FAX. 03-6821-8869 / E-mail. tamatebako2022@ypcpr.com

担当:池袋・平野・大山

top