2020.12.15

首里城が東博にやってきた! 24日から正殿模型を公開

模型などを通して日本の伝統建築を紹介する展覧会「日本のたてもの―自然素材をかす伝統の技と知恵」(読売新聞社など主催)で、24日から展示される首里城正殿の模型が14日、東京国立博物館(東京・上野)に搬入された。

緩衝材に覆われた首里城正殿の1/10模型。慎重に搬入作業が進められた(東京国立博物館で)

模型は10分の1サイズで、沖縄県外での展示は今回が初めて。この日は、東京港から梱包された模型を大型トレーラーで同館まで運んだ後、作業員らが慎重に搬入作業を進めた。

展示コーナーに移動した首里城正殿模型(東京国立博物館で)

模型は1953年の製作で、45年の沖縄戦で焼失した正殿を復元したもの。平成に入ってから復元された首里城正殿も昨年10月の火災で焼失しており、再建に向けた検討が進められている。

展示作業に立ち会った沖縄県立博物館・美術館(那覇市)の山本正昭主任学芸員は「彫刻や木組みなどのディテールが忠実に再現されている。ぜひ鑑賞してほしい」と話した。

「日本のたてもの」公式サイトはこちら

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tatemono/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ