2021.6.2

日本文化の「幹」を支える 特別展「京の国宝~守り伝える日本のたから」

京都ゆかりの国宝や皇室の名品を集めた特別展「みやこの国宝―守り伝える日本のたから」が7月24日から9月12日まで京都国立博物館で開催される。

同館長を16年間務め、3月末で退任した佐々木丞平・京都大名誉教授に、文化財を守り継ぐ意義と歴史都市・京都が果たしてきた役割を聞いた。

「本拠地」京都で保存、修理、公開
インタビューに答える佐々木丞平・京都大名誉教授(3月、京都国立博物館で)

「京の国宝」展は、ただ名品を並べるのではなく、京都を中心に展開される文化財の歴史に焦点を絞って構成したのが特徴です。

1200年都があった歴史から、国宝などの優れた作品は京都で作られたものが多い。現在、全国で1万件を超える国宝・重要文化財指定の美術工芸品のうち、6分の1以上は京都にあります。

必然的に、文化財を作る技術やノウハウ、材料などが集積し、京都は日本における文化財の本拠地のような機能をもつようになりました。文化財を守り伝えるために欠かせない修理も、京都を中心に発展してきました。特別展ではこうした歩みと作品を関連づけて紹介します。

皇室とのかかわりも
「文化とは大きな木のようなもの」と語る佐々木丞平さん(京都国立博物館で)

皇室と文化財とのかかわりについてもスポットを当てます。明治維新後、危機にひんした東大寺や法隆寺などの古社寺が、重要な所蔵品を皇室に献納して支援を受け、守り伝えてきたのは知られた事実です。文化財の庇護ひご者としての皇室の役割を改めて見ていきます。

文化財行政に長くかかわった経験から「なぜ文化財を保護しなければならないのか」と聞かれることがあります。たとえば、和歌は日本を代表する文化ですが、仮に万葉集や古今和歌集などがなかったら、日本に和歌の伝統はあったでしょうか。文化財を守らなければ、日本の文化そのものが守れないのです。

そのために欠かせないのは公開することです。展覧会などで公開すると作品が傷むので、保存と公開は相反するという意見もあります。しかし、公開しなければ誰も意識を向けてくれません。無関心は文化財保護の大敵です。

私は、文化は大きな木のようなものだと思っています。伝統文化という幹や根っこの部分がしっかりしていないと、新しい文化や芸術といった葉っぱも芽吹いてこないでしょう。

日本文化を支えている幹に目を向け、適切な支援をしていくことが大切。今回の特別展がそのことを考えるきっかけになればと思います。

(2021年4月4日読売新聞より掲載)

あわせて読みたい

京ゆかりの国宝66件 特別展「京の国宝」、7~9月に京都で

チケットは事前予約優先制 公式サイトからお求めください

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/miyako2021/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ