2021.6.1

絵巻の至宝、秀吉ゆかりの襖絵…特別展「京の国宝」 出展作品から

京都ゆかりの国宝や皇室の名品を集めた特別展「みやこの国宝―守り伝える日本のたから」が7月24日から9月12日まで、京都国立博物館で開催される。

同館の森道彦・学芸部研究員に、出展作品の中から特に注目すべき文化財と見どころについて聞いた。

◆絵巻の至宝

春日権現験記絵 巻二(部分) 絵:高階隆兼筆 詞書:鷹司基忠ほか筆
宮内庁三の丸尚蔵館蔵 7月24日~8月22日展示

皇室が守り伝えてきた鎌倉絵巻の至宝。藤原一門の氏神である奈良・春日大社に奉納されたもので、京の公家文化のありようを鮮やかに伝える。

江戸時代に一時、外部に流出したこともあったが、明治になって皇室に納められ、20巻すべてが残っている。

「色も鮮やかで非常に保存がいい。歴史的価値に照らしても、鎌倉時代の絵画を代表する名品」と京都国立博物館の森道彦研究員。

宮内庁によって特別に守られた品で、文化財指定は受けていないが、一般にあれば国宝の筆頭格に挙げられるべきものという。

◆秀吉ゆかり 等伯の襖絵 

国宝「松に秋草図屏風」 長谷川等伯筆
京都・智積院蔵 7月24日~8月22日展示

狩野永徳と並び桃山時代を代表する画家、長谷川等伯が描いたもの。豊臣秀吉が早世した息子の菩提ぼだいを弔うために建てた京都・祥雲寺のふすまを飾っていた。

通常、襖絵の大きさは縦1.8メートル程度だが、この絵は2.3メートルもあり、秀吉ゆかりの建物の壮大さを物語る。後に屏風びょうぶに仕立てられた。

京都にある近世絵画の中では最初期に国宝に指定された。祥雲寺の遺産を受け継いだ智積院はいくたびも火災にあっているが、そのたびに運び出され、今に伝わっている。

「美術的な価値もさることながら、京都の人間にとって長らく思い入れのある品」(森研究員)という。

◆道長自筆 宮中の生活記す 

国宝「御堂関白記 自筆本 寛弘元年上巻(部分)」
京都・陽明文庫蔵 7月24日~8月22日展示

「この世をば わが世とぞ思ふ……」の歌で知られ、平安時代に栄華を極めた藤原道長の日記。当時の政治や貴族の生活を知る上で最上の史料として、1951年に国宝に指定された。美術工芸品では戦後最初に国宝となったものの一つだ。

宮中の模様などを克明に記した日記は26巻が残り、そのうち14巻が道長自筆のものである。道長の末裔まつえいにあたる公家の五摂家、近衛家が守り伝えてきた。

「平安文化を知ることはここから始まると言っても過言ではない、まさに歴史の原本のような作品。何があっても守られてほしい」と森研究員は話す。

(2021年4月4日読売新聞より掲載)

あわせて読みたい

京ゆかりの国宝66件 特別展「京の国宝」、7~9月に京都で

チケットは事前予約優先制 公式サイトからお求めください

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/miyako2021/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ