紡ぐプロジェクトとは

東京

沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」
沈金ワークショップ

日時
2022年5月29日(日) 
①10:30~12:30 
②14:00~16:00の2回制
場所
東京国立博物館 平成館 小講堂

沈金(ちんきん)とは、漆を彫り、金を入れて文様を表す技で、琉球最古の技法のひとつです。
ご自身で描いた下絵をもとに、漆の板を彫って金を入れて完成させます。

講師
前田貴子(琉球漆紀行)ほか
対象
①子ども(小、中学生)と保護者(高校生以上) 2人1組 10組 / ②大人向け 10名
参加費
無料
*ただし、特別展「琉球」の観覧券が必要
(ワークショップ当日以前に使用済みの観覧券でも可。その場合は当日の入館料が必要)。
*小中学生以下及び障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は特別展「琉球」の観覧券不要。
持ち物
筆記用具、エプロンなど
申込方法
※本イベントの申込受付は終了いたしました
*応募多数の場合は抽選となります。
*当選者には5月13日以降に当選通知メールを送付します。
 応募はお1人様につき1回まで。
*小学生以下の入場には、保護者(高校生以上)の同伴が必要です。
注意事項
*天然漆を使うのでかぶれる恐れがあります。
  手袋を着用しますが、皮膚が弱い方はご検討ください。
*下絵についての詳細は、当選通知に記載いたします。

*参加される方は新型コロナウィルス感染症対策にご協力ください。
・マスクの着用をお願いします。
・発熱や咳き込み等の症状がある場合は入館をご遠慮ください。
・入館時に検温を実施します。
   平熱比べて高い発熱が確認された場合は入館をお断りします。
・手指消毒にご協力ください。

*ワークショップ中、写真を撮影いたします。
  展覧会公式サイト、公式Twitterなどに掲載されますので、予めご了承ください。
沈金ワークショップ

連続講座「未来へつなぐ琉球・沖縄文化」

日時
2022年6月10日(金)、11日(土) 
各日午後1時〜午後5時(午後0時半開場予定)
場所
東京国立博物館 平成館 大講堂
定員
定員 160名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
   *キャンセル待ち等、当日受付はございません。
聴講料
無料(連続講座の2日間のみ、当選はがき(受講券)でご入館いただけます。
   なお、受講券で特別展の観覧はできません)

*申込方法等の詳細はこちら

上野・御徒町 特別展「琉球」スタンプラリー

日時
2022年5月3日(火・祝)~5月22日(日)

上野・御徒町の5商業施設と「琉球展」グッズショップ前に置いてあるスタンプを重ね捺しすると、オリジナル琉球展カードが完成。特別展「琉球」会場を除く5箇所のうちいずれか1つでもスタンプを捺したシートを琉球展グッズショップにお持ちいただくと、その場で琉球展オリジナルグッズが当たる「お楽しみ抽選くじ」に挑戦できます。

*スタンプシートはお一人様1枚でお願いします。
 2枚以上お持ちでも、抽選くじは1回のみの実施となります。
*特別展「琉球」会場には入場券が必要です。
(下記「注意事項」をお読みください)

注意事項
*スタンプラリーは、5月22日で終了となります。
 展覧会の会期とは異なりますのでご注意ください。
*月曜休館のため、5月9日と16日は
琉球展会場へはご入場できません。
*開館時間は、午前9時30分から午後5時までとなっていますが、
 入場は午後4時30分までとなっていますのでご注意ください。
*展覧会場へは入場券が必要です。
 東京国立博物館正門または
 オンラインチケットにてお買い求めください。
チェック
ポイント
  • 東京国立博物館 平成館2階 
    特別展「琉球」グッズショップ前
    (お問合せ先(ハローダイヤル):
    050-5541-8600)
  • エキュート上野 キノクニヤ アントレ前
    (施設お問合せ先:03-5826-5600)
  • アトレ上野 WEST 1F モードフォレスト内
    (施設お問合せ先:03-5826-5811)
  • 上野マルイ 地下1階 コンセンプトショップス
    (施設お問合せ先:03-3833-0101)
  • 松坂屋上野店 本館1階案内所前
    (施設お問合せ先:03-3832-1111)
  • パルコヤ 5F PARCO・セゾンカウンター

★詳細はこちら

上野・御徒町 特別展「琉球」スタンプラリー 上野・御徒町 特別展「琉球」スタンプラリー お楽しみ抽選くじ商品

重要無形文化財指定50年記念企画
「琉球芸能の華〜組踊と琉球舞踊〜」

日時
2022年5月15日(日) 
午後3時(約60分)
*受付時間は30分前から
場所
東京国立博物館 平成館1階 大講堂
出演
国立劇場おきなわ 金城真次 芸術監督 ほか演者3名

組踊が国の重要無形文化財に指定されて50年となることを記念し、国立劇場おきなわの金城真次芸術監督(県指定無形文化財「琉球歌劇」保持者、伝統組踊保存会伝承者)が、組踊や琉球舞踊の解説を行う演舞を含めた公演です。

・金城真次芸術監督による組踊の歴史や琉球舞踊の解説等
・組踊のダイジェスト映像上映(15分、スクリーン等による上映)
・琉球舞踊の実演

かぎやで風:嘉数幸雅、島尻紀希 / 天川:仲嶺夕理彩 / 上り口説:嘉数幸雅 / 浜千鳥:島尻紀希

協力
公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団
定員
150名
応募
※本イベントの申込受付は終了いたしました
*応募多数の場合は抽選となります。
*当選者には5月6日以降に当選通知メールを送付します。
 1応募あたり最大4名まで。
 応募はお1人様につき1回まで。
*小学生以下の入場には、保護者(高校生以上)の同伴が必要です。
聴講料
無料
*ただし、特別展「琉球」の観覧券が必要。
(イベント当日以前に使用済みの観覧券でも可。その場合は当日の入館料が必要)。
*中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は特別展「琉球」の観覧券は不要。
注意事項
*参加される方は新型コロナウィルス感染症対策にご協力ください。
・マスクの着用をお願いします。
・発熱や咳き込み等の症状がある場合は入館をご遠慮ください。
・入館時に検温を実施します。平熱比べて高い発熱が確認された場合は入館をお断りします。
・手指消毒にご協力ください。
組踊と琉球舞踊

沖縄ご当地ヒーロー
琉神マブヤーと学ぼう!おきなわの歴史と美術

日時
2022年5月15日(日) 
午後1時(約40分)
*受付時間は30分前から
場所
東京国立博物館 平成館1階 大講堂
出演
琉神マブヤー、(展覧会解説)東京国立博物館企画課出版企画室 主任研究員 三笠 景子

【子ども・ファミリー向けレクチャー】
沖縄のご当地ヒーロー「琉神マブヤー」と一緒に、琉球・沖縄の歴史・文化を、本展出品作品を見ながら楽しく学ぶレクチャーです。東京国立博物館の担当研究員が展覧会や出展作品を紹介。レクチャー終了後にマブヤーとの記念撮影会も予定しています。

定員
150名
応募
※本イベントの申込受付は終了いたしました
*応募多数の場合は抽選となります。
*当選者には5月6日以降に当選通知メールを送付します。
 1応募あたり最大4名まで。
 応募はお1人様につき1回まで。
*小学生以下の入場には、保護者(高校生以上)の同伴が必要です。
聴講料
無料
*ただし、特別展「琉球」の観覧券が必要。
   (イベント当日以前に使用済みの観覧券でも可。その場合は当日の入館料が必要)。
*中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と
   その介護者1名は特別展「琉球」の観覧券は不要。
注意事項
*参加される方は新型コロナウィルス感染症対策にご協力ください。
・マスクの着用をお願いします。
・発熱や咳き込み等の症状がある場合は入館をご遠慮ください。
・入館時に検温を実施します。
   平熱比べて高い発熱が確認された場合は入館をお断りします。
・手指消毒にご協力ください。
琉神マブヤー

アクアシティお台場で本展記念 “沖縄まつり” 開催!

日時
2022年4月23日(土)〜5月8日(日)
場所
アクアシティお台場

本展の開催を記念して、東京・お台場の「アクアシティお台場」では4月23日(土)~5月8日(日)の16日間、“沖縄はみんなの宝”をテーマに「お台場沖縄まつり in アクアシティお台場」が開催されます!美ら海水族館から実物大8.5mのジンベエザメバルーンが展示されるほか、沖縄グルメが楽しめるキッチンカーや物産展まで盛りだくさん。
見て、食べて、買って…GWは東京リゾー島・アクアシティお台場で、沖縄の魅力を感じてみてください!

詳細はアクアシティお台場HPへ
お台場HPはこちら

お台場沖縄まつり in アクアシティお台場
オリオンビール ラフテー ジンベイザメバルーン

九州

記念講演会

日時
2022年7月16日(土)13:30~14:30
講師
田名 真之氏
本展監修者、沖縄県立博物館・美術館 館長
会場
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員
140名
注意事項
※聴講無料、ただし本展観覧券もしくはQRチケット画面の提示が必要。
※開始 1 時間前より、整理券配布。

講演会

日時
2022年8月7日(日)13:30~15:00
講師
上江洲 安亨氏 (一財)沖縄美ら島財団
原田 あゆみ氏 東京国立博物館
会場
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員
140名
注意事項
※聴講無料、ただし本展観覧券もしくはQRチケット画面の提示が必要。
※開始 1 時間前より、整理券配布。

九州国立博物館研究員によるリレー講座

日時
①2022年8月13日(土)13:00~15:00
②2022年8月20日(土)13:00~15:00
会場
九州国立博物館1階ミュージアムホール
定員
140名
注意事項
※聴講無料、ただし本展観覧券もしくはQRチケット画面の提示が必要。
※開始 1 時間前より、整理券配布。

特別協賛

協賛

国宝
若い王族が着用した華やかな正装衣裳

黄色地鳳凰蝙蝠宝尽
青海波立波文様
紅型綾袷衣裳
(琉球国王尚家関係資料)
黄色地鳳凰蝙蝠宝尽青海波立波文様紅型綾袷衣裳
(琉球国王尚家関係資料)

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・18~19世紀
  • 沖縄・那覇市歴史博物館蔵
展示期間
東京2022年5月17日(火) ~ 5月29日(日)

鮮やかな黄色に胸や肩には鳳凰を、腰から裾にかけては中国の官服に表現される文様を紅型で染めています。鮮やかな赤い襟の振袖仕立ては、若い王族のために儀式などの正装用に仕立てられたのでしょう。

国宝
王権のシンボル、国宝の冠

玉冠(付簪)
(琉球国王尚家関係資料)

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・18~19世紀
  • 沖縄・那覇市歴史博物館蔵
展示期間
東京2022年5月3日(火・祝)~5月15日(日)

色とりどりの玉を多数取りつけ、金の簪をつけた琉球国王の冠。合計288個もの金・銀・水晶・碧玉・珊瑚などでつくられた7種の飾玉が金鋲で留められており、王権の象徴であると同時に、琉球独自の美意識がうかがえます。

重要文化財
海洋王国、琉球の繁栄を刻んだ梵鐘

銅鐘
旧首里城正殿鐘(万国津梁の鐘)

  • 東京
  • 九州
  • 藤原国善作 第一尚氏時代・天順2年(1458)
  • 沖縄県立博物館・美術館蔵

海洋王国・琉球の繫栄を象徴する梵鐘。琉球王国は、船の交易によってアジア各地を結ぶ「万国津梁」(万国の架け橋)であると自らうたった銘文を刻みます。かつて首里城の正殿に懸けられていたと伝わる鐘です。

<巻7>
重要文化財
琉球の島々で謡われてきた古歌集

おもろさうし

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・18世紀
  • 沖縄県立博物館・美術館蔵
  • ※会期中、展示替えがあります。

琉球の島々に伝承された古歌謡「おもろ」の歌謡集。おもろの題材は信仰、祭祀、築城、造船、貿易、航海、租税、島々の支配など多岐にわたります。琉球語の歌謡を日本から伝わった平仮名で表記する点も注目です。

沖縄県指定文化財
女性神役の最高位、聞得大君の簪

聞得大君御殿雲龍黄金簪

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・15~16世紀
  • 沖縄県立博物館・美術館蔵

五穀豊穣や王府の安寧を祈願する祭祀を司った神女組織のなかで、最高位にあった聞得大君が所持したと伝わる金銅製の簪。カブと呼ばれる半球状の頭部には、太陽とみられる大きな渦や龍を精緻に表しています。

浦添市指定文化財
あたかも絵画のような沈金が施された漆器

朱漆山水人物沈金足付盆

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・16~17世紀
  • 沖縄・浦添市美術館蔵

琉球独特な形状の足付盆。器体の表面に朱漆を塗り、彫刻刀で文様を彫ったところに金箔を摺り込む沈金という技法で装飾が施されています。盆の見込から足の側面にかけて、山間に幽居する人物の姿が繊細に表された名品です。

国宝
高貴な龍文様が華やかな紅型衣裳

紅色地龍宝珠瑞雲文様紅型綾袷衣裳
(琉球国王尚家関係資料)
紅色地龍宝珠瑞雲文様
紅型綾袷衣裳(琉球国王尚家関係資料)

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・18~19世紀
  • 沖縄・那覇市歴史博物館蔵
展示期間
東京2022年5月31日(火)~6月12日(日)

振袖に仕立てられた王族の少年の衣裳です。宝珠を携えた双龍文様は、王家を象徴する文様でした。型紙を用いて絵文様を色鮮やかに染める琉球独特の紅型は、まぶしい南国の陽ざしに映えたことでしょう。

国宝
国王が着用した威風漂う冬用の表着

赤地龍瑞雲嶮山文様繻珍唐衣裳
(琉球国王尚家関係資料)

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・18~19世紀
  • 沖縄・那覇市歴史博物館蔵
展示期間
東京2022年5月3日(火・祝)~5月15日(日)

玉冠とともに、国の重要な儀式でのみ用いられる冬季の礼装用の表着(うわぎ)です。中国・清朝の皇帝から下賜された官服用の錦を用いていますが、広い袖は明時代の礼装の伝統を守り、垂領(たりくび)の襟は琉球衣裳の仕立てとなっています。

国宝
尚家に献上されたと伝わる名刀

金装宝剣拵(号 千代金丸
(琉球国王尚家関係資料)

  • 東京
  • 九州
  • 刀身:室町時代・16世紀
  • 拵:第二尚氏時代・16~17世紀
  • 沖縄・那覇市歴史博物館蔵
展示期間
東京2022年5月31日(火)~6月26日(日)

鞘(さや)の全面に薄い金板を巻き、柄頭には竹節状の鐶(かん)を取りつけるなど、一般的な日本刀の拵とは大きく異なる琉球独自の点が目をひく宝剣です。もとは今帰仁城(なきじんじょう)を本拠とした山北(北山)王歴代の一振で、のちに尚家に献上されたと伝わります。

重要文化財
真珠層の虹色の輝きが美しい

貝匙

  • 東京
  • 九州
  • 貝塚時代後期・6~7世紀
  • 鹿児島県奄美市
  • 小湊フワガネク遺跡出土
  • 鹿児島・奄美市立奄美博物館蔵

貝をはじめとする海由来の素材を用いた道具や装身具は、当地における文化の特色です。本作品はヤコウガイの最も湾曲の大きな部分を打ち割ってつくられたもので、研磨によって変化する真珠層の色彩が美しいです。

沖縄の縄文時代を代表する装身具

蝶形骨製品

  • 東京
  • 九州
  • 縄文時代晩期・前1000~前400年 沖縄県読谷村吹出原遺跡出土
  • 沖縄・読谷村教育委員会蔵
  • 画像提供:世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム

沖縄の先史文化を代表する装身具がジュゴンの骨でつくられた蝶形骨製品です。ジュゴンが生息するサンゴ礁の海は豊かな海の象徴でもあり、本作品は当時の人びとが海の恵みを活かして暮らしていたことも示しています。

那覇市指定文化財
洗骨を入れて墓に納める

厨子甕

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・雍正5年(1727)
  • 沖縄・那覇市立壺屋焼物博物館蔵

厨子甕とは、洗骨を入れて墓室に納めるという琉球特有の墓葬を象徴する蔵骨器。胴に刻まれた銘文から被葬者と納骨の年がわかる貴重な作品です。

<部分>
祭祀を司るノロの姿

ノロの

  • 東京
  • 第二尚氏時代・19世紀
  • 東京国立博物館蔵
展示期間
2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)

ノロは村落祭祀を司る女性。女性が祭祀の中心的役割を担うという点は琉球の宗教の特徴のひとつです。王国の中央集権化とともに、ノロも中央の神女組織に組み入れられました。

<部分>
琉球の風俗を伝える貴重な記録

琉球国奇観

  • 九州
  • 江戸時代・19世紀 東京国立博物館蔵
  • ※会期中、場面替えがあります。

奄美大島の自然や習俗などが詳細に描かれています。九州と沖縄の間に位置する奄美群島は古くから人びとの往来があり、かつては琉球王国の統治下にありました。本作品からは沖縄と共通する風俗や習慣が見て取れます。

琉球の美と技を今に伝える、模造復元品
色とりどりの不揃いな飾玉まで再現

模造復元 美御前御揃(御玉貫)

  • 東京
  • 九州
  • 上原俊展〔金細工まつ〕
  • 高田明〔公益財団法人 美術院〕
  • 平成30年度 沖縄県立博物館・美術館蔵
展示期間
東京2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)

錫製の瓶の上から、色とりどりの飾玉をあしらった酒器です。編み込まれたガラス玉は、隙間がより小さくなるように、あえて不揃いのものを組み合わせていたことがわかりました。

<部分>
壁は黒かった?かつての首里城の姿

首里城図

  • 東京
  • 九州
  • 第二尚氏時代・19世紀
  • 東京・公益財団法人
  • 美術工芸振興佐藤基金蔵
展示期間
東京2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)

19世紀前半の首里城を描いた図。正殿と御庭(うなー)を囲む中心部を象徴的に描いています。王国時代の首里城の姿を伝える貴重な絵図です。

重要文化財
沖縄の文化遺産を未来へ伝える

琉球芸術調査記録

  • 東京
  • 九州
  • 鎌倉芳太郎筆
  • 大正~昭和時代・20世紀
  • 沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館蔵
  • ※会期中、ページ替えがあります。
失われた王の肖像画を極彩色で復元

模写復元 尚穆王御後絵

  • 東京
  • 東京藝術大学保存修復日本画研究室(制作) 令和2年度
  • 一般財団法人 沖縄美ら島財団蔵
展示期間
2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)
初公開
大航海時代に人気を博したカラフルなやきもの

左:三彩鴨形水注

  • 東京
  • 九州
  • 中国 明時代・16世紀

愛らしい鴨のかたちをした水注です。型を使って羽の細部まで丁寧に表し、からだを黄と緑の釉薬で彩っています。ノロ(神女)をつとめた旧家に花入として伝わったものです。

右:三彩鶴形水注

  • 東京
  • 九州
  • 中国 明時代・16世紀

中国明時代の末頃に福建で焼かれた鮮やかな三彩のやきものは、首里城からまとまって発見されています。祭祀などで珍重されたのでしょう。こちらもノロの家に伝わった貴重な作品です。

初公開
中国に学んだ王府の絵師の作

花卉図

  • 東京
  • 九州
  • 山口宗季(呉師虔)筆
  • 第二尚氏時代・18世紀
展示期間
東京2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)

山口宗季(やまぐちそうき)(呉師虔(ごしけん)、1672~1743)は王府の絵師で、中国の福建(ふっけん)地方に留学して、精緻な花鳥画表現を学びました。その作品は、琉球と交流のあった薩摩(さつま)を通じて京都でも評判となったといいます。

琉球の文化人と親交を結んだ冊封使の書

行草書五言律詩軸

  • 東京
  • 徐葆光筆
  • 清時代・18世紀
  • 東京国立博物館蔵
展示期間
2022年5月31日(火)~6月26日(日)

冊封使(さっぽうし)として琉球に赴き、程順則(ていじゅんそく)ら当地の文化人と親交を結んだ徐葆光(じょほうこう)の書。琉球や日本では、中国の文人の書が珍重されました。

琉球漆工の粋をつくした天目台

朱漆雲龍箔絵天目台

  • 東京
  • 第二尚氏時代・16~17世紀
  • 京都・孤篷庵蔵

小堀遠州が所蔵していたとされる琉球漆器の天目台。朱漆塗に沈金や箔絵などの技法を駆使して、雲のなかを舞う龍の姿を色鮮やかに表しています。

ハビラハギギンとともにノロ(神女)の家に伝わる

神扇

  • 東京
  • 江戸時代または第二尚氏時代・19世紀
  • 東京国立博物館蔵
展示期間
2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)

祭祀を執り行うノロ(神女)が用いる大形の扇です。ノロは首里王府から任命され、王国の支配を宗教的な側面から支えました。

魔除けの蝶をモチーフにした三角形のデザイン

ハビラハギギン

  • 東京
  • 江戸時代または第二尚氏時代・19世紀
  • 東京国立博物館蔵
展示期間
2022年5月3日(火・祝)~5月29日(日)

魔除けの蝶々を表す三角形の裂を継ぎ接ぎにしたノロ(神女)の衣です。琉球だけではなく、日本や中国で織られ、染められたさまざまな裂を縫い合わせている所に、琉球文化の特徴が見られます。

婚礼や祭祀に使用

緑釉嘉瓶

  • 東京
  • 九州
  • 壺屋 第二尚氏時代・19世紀
  • 沖縄・那覇市立壺屋焼物博物館蔵

17世紀後半に窯場が壺屋に統合され、琉球の製陶が開花します。深い緑色の釉が印象的なこの瓢形の瓶は婚礼や祭祀の際に酒を入れたもので、琉球独特のうつわです。

光輝く王家の儀礼道具

模造復元 美御前御揃
金杯・銀杯洗・托付銀鋺・銀脚杯

  • 東京
  • 松田 聖(錺屋 有限会社 松田)
  • 平成28~30年度 沖縄県立博物館・美術館蔵
展示期間
2022年5月31日(火)~6月26日(日)

王家の正月祭祀などに用いられた道具。原資料は、王族家の中城御殿に伝わっていましたが、沖縄戦で消失しました。戦前の原資料の写真や、那覇市歴史博物館の所蔵品などを参考にして模造復元されました。

精緻な彫りと沈金文様が見事

模造復元 朱漆巴紋牡丹沈金透彫足付盆

  • 東京
  • 高良輝幸・高良典子(木の工房 杢陽)、仲宗根正廣(彫刻工房 木像)、
  • 諸見由則(株式会社 漆芸工房)、當眞茂 令和2年度 沖縄県立博物館・美術館蔵
展示期間
2022年5月31日(火)~6月26日(日)

祭祀のうつわを載せるための足付盆です。沖縄美ら島財団の所蔵品に基づいて復元されました。唐草の立体的で繊細な彫りと、天板の沈金技法に圧倒されます。

<高座名> 志ぃさー


藤木 勇人(ふじきはやと)

うちな〜噺家はなしかと称し「⽇本の南の島に住む⼈々の生活」を伝えるため、高座噺はなしとおしゃべり(ゆんたく)で笑いを交えながら、沖縄出⾝者、沖縄好きの⼈はもちろん沖縄を知らない⼈たちにも⼗分に理解してもらえる物語を創作し演じている。役者としても活動し、NHKラジオ第一「沖縄熱中倶楽部」、連続テレビ小説「ちむどんどん」出演中(金城順次役)。

志ぃさー 藤木 勇人(ふじきはやと) 「ちむどんどん」
金城順次 役で出演