2021.9.17

珠玉のボンボニエールを総覧できるユニークな展覧会

学習院大学史料館「ボンボニエールが紡ぐ物語」展

「ボンボニエールが紡ぐ物語」展では、かわいらしい犬張子形ボンボニエールの実物も見られる

紡ぐプロジェクト公式サイトの連載「ボンボニエールの物語」をベースにした「ボンボニエールが紡ぐ物語」展が、学習院大学史料館(東京・目白)の展示室で始まった。2021年12月3日まで。

欧州の小型の菓子器である「ボンボニエール」(Bonbonniere)は、明治時代の中頃から、皇室の慶事などの際に記念品として下賜されるようになった。史料館学芸員の長佐古美奈子さんは、これまでに制作され、配布されてきたボンボニエールをたどりながら、皇室の知られざる歴史をひもとくユニークな研究で知られ、紡ぐの公式サイト「紡ぐ TSUMUGU: Japan Art & Culture」で2019年8月から約2年間、ボンボニエールの小史を通覧する「ボンボニエールの物語」を連載してきた。

「ボンボニエールが紡ぐ物語」展は、紡ぐの公式サイトで連載した「ボンボニエールの物語」をベースにしている

今展覧会は、連載が全50回で完結したのに合わせて開催されているもので、連載で取り上げたボンボニエールやそうでないものも含め、計約100点をずらりと展示。皇室関連の展覧会でボンボニエールの展示が含まれることはあるが、この菓子器をメインに据えて、これほどの数を並べた例はあまりないという。連載を読んで見知ったボンボニエールの実物を間近で見るには、またとないチャンスだ。

皇室から下賜されたボンボニエールとしてはまだ新しい令和即位記念「丸形鳳凰文」(左、個人蔵)と平成即位記念「丸形鳳凰文」(学習院大学史料館蔵)

展示はおおむね連載の記述内容に沿っているが、ボンボニエールを単に時系列で並べるのではなく、「始まり」「外国との絆」「デザインとお印」といった小テーマで分かりやすく分類しているのが特徴。「鶴亀形」(個人蔵)などごく初期のボンボニエールのほか、「丸形鳳凰ほうおう文〈令和即位記念〉」「香合形鴛鴦えんおう文〈立皇嗣記念〉」(いずれも個人蔵)など、ちまたではまだ、なかなかお目にかかれない菓子器が近くで見られ、ありがたい。

形状、材質が様々なボンボニエール
源氏物語ゆかりのボンボニエールも

ボンボニエールの中には、源氏物語ゆかりのものもあることから、今展覧会では「個人の方から特別に借り受けた」という「定家本 源氏物語『若紫』」(鎌倉時代)も展示(9月30日まで)。ゆかりのボンボニエールとしては、「牛車形」(学習院大学史料館蔵)や「柳葉付垂纓冠すいえいかん形〈三笠宮家紋〉」(個人蔵)などが見られる。

源氏物語ゆかりのボンボニエールとして展示されている「柳葉付垂纓冠形〈三笠宮家紋〉」(個人蔵)
「牛車形」(学習院大学史料館蔵)

会場は広くはないが、展示室の入り口付近には、記録映像を見られるコーナーも設けられ、小規模ながら、内容が盛りだくさんの展覧会だ。

会場には、記録映像を見られるコーナーも
橋本麻里さんとの対談をネット公開

今展覧会を企画した長佐古さんは「ボンボニエールはとても小さいものだが、画像では、そのミニチュア感がなかなか伝わらない。ぜひ、実物を見ていただいて、その小ささと、そこに施されている細かい技をじっくりと見ていただきたい」と話している。

10月には「関連講座」として、永青文庫(東京・目白台)副館長の橋本麻里さんと長佐古さんが「物語の玉手箱 ボンボニエール」と題して対談した映像をネット配信するという。

学習院大学史料館の外観。展覧会が行われている展示室は隣接する北2号館1階にある

【学習院大学史料館】1975年(昭和50年)、中世の公家、近世から近代にかけての大名・華族、現代の皇族などに関する史料を収蔵し、研究する施設としてオープン。旧皇族寮として1913年(大正2年)に建てられた木造2階建ての建物は、国の有形文化財に指定されており、それ自体が見学に値するが、今展覧会は、隣接する「北2号館」1階の史料館展示室(大学正門から徒歩2分)で開かれている。

展覧会が行われている史料館展示室前の案内板
連載はこちらから:

(デジタルコンテンツ部・松浦一樹/写真も)

開催概要

日程

〜2021.12.3

「ボンボニエールが紡ぐ物語」展

★来場者が多い場合は、新型コロナウイルス感染防止のため、展示室への入室を制限することがあります。
★感染状況により、開催方法・開催日時が急に変更される場合があります。
★最新情報、感染症対策などは

学習院大学史料館ホームページ

学習院大学史料館公式ツイッター

でご確認ください。

会場

学習院大学史料館展示室

東京都豊島区目白1-5-1
学習院大学北2号館1階
(JR目白駅から徒歩5分)

料金

入場無料

休館日

土曜、日曜、祝日
特別開室日:9月20日(月・祝)、9月23日(木・祝)

開館時間

12:00~15:00
※9月中は11:00~15:00

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ