2020.8.29

10年にわたる修理を前に最後の特別公開―京都・大徳寺本坊

法堂天井画「雲龍図」(狩野探幽筆、京都・大徳寺蔵)

臨済宗大徳寺派の大本山、大徳寺本坊(京都市北区)が、9月5日から27日まで特別公開される。住職の居室である「方丈」(国宝)が、今年12月から約10年にわたって修理されるのに先立つもので、方丈は今回が修理前最後の公開となる。

方丈庭園(史跡・特別名勝)

大徳寺は後醍醐天皇が「本朝無双之禅苑」と評した名刹めいさつ。室町時代には幕府から冷遇されたが、それが厳しい禅風を残す要因ともなり、優れた禅僧を多数輩出した。豊臣秀吉、前田利家など多くの大名が塔頭たっちゅうを創建するなど隆盛を極めた。千利休ゆかりの寺としても知られる。

重要文化財 方丈障壁画(狩野探幽筆、京都・大徳寺蔵)

例年、特別公開では、国宝の方丈や唐門に加え、法堂(重要文化財)に描かれた狩野探幽の「雲龍図」を拝観することができた。今回はそれに加え、方丈室内に入って、探幽の襖絵ふすまえ (重要文化財)を初めて間近で見ることができる。また、鐘楼、経蔵、千利休が寄進した山門「金毛閣」も外側から見学する。

国宝 唐門

公開期間は9月5日から27日(7日、15日は休止)。新型コロナウイルス感染防止のため完全予約制で、少人数のツアー形式で拝観する。午前11時から午後2時までのスタート時間ごとに特別サイト(https://coubic.com/kyotoshunju/797135)から受け付ける。大人3000円、中高生1000円、小学生以下は拝観不可。 

予約の受け付けは20日前からで、6日前に終了。ただし、中学生、高校生の予約は電話(075-231-7015)で受け付ける。 

公式サイトはこちら

  https://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-honbo 

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ