2019.12.19

橋本麻里さんが2020年の日本美術の見どころを解説!無料イベントに抽選でご招待

世界の視線が日本に注がれる2020年は、美術の世界でも大注目の展覧会が目白押しです。“日本文化のコンシェルジュ”「紡ぐ TSUMUGU : Japan Art & Culture」では、2020年の見逃せない日本美術展や、その楽しみ方を紹介するイベント「紡ぐ presents 2020日本美術展の歩き方講座」を東京都内で開催します。

ナビゲーターは、当サイトの連載でもおなじみの美術ライター・橋本麻里さん。麻里さんや編集担当者と一緒に、日本美を学ぶひとときを過ごしませんか。 

イベントについて

■日時:2月6日(木) 午後6時30分開場、午後7時スタート(午後9時頃終了予定) 

■会場:読売新聞東京本社(東京都千代田区大手町1-7-1) 

■当日の予定:

  • 紡ぐプロジェクトのご紹介
  • 「2020日本美術展の歩き方」(ナビゲーター:橋本麻里さん)
  • お楽しみ企画

お申し込み方法

ページ下部のリンクから応募フォームでお申し込みください。抽選で50人をご招待します(同行者お1人までご参加いただけます)。

応募締め切り:2020年1月21日23時59分

当選者の発表は、紡ぐプロジェクト事務局からのメール返信をもってかえさせていただききます。 当日の詳細はメールでご連絡させていただきます。

スマホなどでドメイン指定受信の設定をされている方は、@yomiuri.comからのメールを受信できるよう、設定をお願いいたします。

お楽しみ企画について

会場では「紡ぐ」に関するクイズを出題。正解者に豪華賞品が当たるお楽しみ企画を準備しています。クイズの例題は以下の通り。事前にサイトをご覧いただくと、よりお楽しみいただけます。ふるってご参加ください!

Q 紡ぐプロジェクトでは、貴重な文化財を守り、次世代に伝えるための修理に取り組んでいます。2019年度に修理をスタートした国宝「阿弥陀二十五菩薩あみだにじゅうごぼさつ来迎図らいごうず」(早来迎はやらいごう、京都・知恩院蔵)で、絵の具の成分などを調べるために行われた調査は、次のうちどれでしょう。 

(1) X線調査
(2) 紫外線調査
(3) 赤外線調査 

  ヒント:修理のページをご覧ください 

応募フォームへ進む

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ