2020.6.29

初公開! 失われた部分を復元した「花下遊楽図屏風」 7月1、2日に東博で

国立文化財機構・文化財活用センターは7月1、2の両日、東京・上野の東京国立博物館で、国宝「花下かか遊楽図ゆうらくず屏風びょうぶ」の高精細複製品を、事前に申し込みをした人に限定して公開する。イベントに参加する体験モニターを募集している。

国宝「花下遊楽図屏風」の高精細複製品とプロジェクションマッピングを組み合わせた展示が楽しめる

花下遊楽図屏風は、満開の桜の下で花見を楽しむ人々の姿を描いた作品。向かって右側(右隻)に、桜の下で貴婦人を中心とする酒宴のさまを、左側(左隻)には、風流ふりゅう踊りとそれを眺める人々を描いている。

国宝「花下遊楽図屏風」の高精細複製品(右隻)
国宝「花下遊楽図屏風」の高精細複製品(左隻)

踊る人々が着ているのは、「かぶき踊り」の流行を受けた当時最新のファッション。樹木や岩などは水墨を中心に落ち着いた表現であるのに対し、人々は金泥を用いてきらびやかに描かれた衣装を身に着けている。

今回の展示では、キヤノンが展開する「つづりプロジェクト」の技術を活用した花下遊楽図屏風の高精細複製品を中心に、プロジェクションマッピング映像と音響演出による幻想的な空間を体験できる内容となっている。

屏風の原本は17世紀はじめ頃、およそ400年前に描かれた貴重な作品だが、1923年(大正12年)の関東大震災の際に右隻の中央部分が失われた。今回、展示される高精細複製品は、消失前の姿を写した明治時代のガラス乾板の画像から失われた部分を復元したもので、今回が初公開となる。

公開は7月1日午後1時~4時と、2日午前11時~午後4時の2日間、東京国立博物館の表慶館で。参加は無料だが、事前予約が必要。詳細は予約サイト(https://reserva.be/cpcpnich)で。

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ