2019.9.6

京都国立博物館、二つの風神雷神図屏風(高精細複製品)が並ぶ!

京都国立博物館に並ぶ、俵屋宗達と尾形光琳による風神雷神図屏風の高精細複製品(制作・キヤノンなど)

第25回国際博物館会議(ICOM)京都大会の開催を記念して、京都国立博物館は5日から、俵屋宗達と尾形光琳の二つの「風神雷神図屏風びょうぶ」の高精細複製品を特別展示している。16日まで。

作品は、一つが俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」(京都・建仁寺蔵)の複製で、キヤノンと京都文化協会が取り組む文化財保存事業「つづりプロジェクト」の一環として制作したもの。もう一つが、尾形光琳筆「風神雷神図屏風」(東京国立博物館蔵)の複製で、キヤノンと文化財活用センターが制作した。

二つの「風神雷神図屏風」が同時に並ぶのは貴重な機会で、江戸期を代表する絵師2人の筆致の違いなどを見比べられる。また、複製品のため、ガラス越しではなく間近に鑑賞できるのも特徴だ。

展示期間中に平成知新館で開催されている「京博寄託の名宝─美を守り、美を伝える─」では、「国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆」(京都・建仁寺蔵)の実物も展示されており、こちらも見逃せない。

「風神雷神図屏風」の高精細複製品と、「京博寄託の名宝─美を守り、美を伝える─」は、いずれも名品ギャラリー(平常展示)の観覧料(大人520円、大学生260円)で鑑賞できる。なお、9月7日(土)は無料だが、小・中学生対象の「文化財に親しむ授業スペシャル!」の開催中は、複製品の近くでの観覧はできないという。

公式サイトはこちら

https://www.kyohaku.go.jp/jp/oshirase/post_190823-1.html

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ