2020.1.10

九州国立博物館 特集展示 刀剣ことはじめ -刀剣ワールド財団と九博の名刀-

国宝 刀 無銘則房 鎌倉時代・13世紀 九州国立博物館所蔵

空前の刀剣ブームは、平成から令和の御代となった今もなお続いています。当館では、2015年に開館以来初めてとなる刀剣の特集展示を行い、大きな反響を得ました。その後も刀剣の展示についてのご要望が多数寄せられてきました。このたび、国内有数の刀剣コレクションを所有する刀剣ワールド財団のご協力を得て、5年ぶりとなる刀剣の特集展示を行います。刀剣ワールド財団の膨大なご所蔵品のなかから、特に優れた作品を中心に「九州初お目見え」となる名刀の数々を、これまで当館が収集してきた代表的な刀剣とともにご紹介します。

人気の一方で、とかく「難しい」「近寄りがたい」と思われがちな刀剣の世界。今回の展示では、それぞれの作品の見どころや来歴などをご紹介するだけでなく、刀剣を取りまく独特な用語についても、分かりやすく解説いたします。美しく輝き、見る者をひきつけてやまない刀剣の世界の奥深い魅力をぜひお楽しみください。

「刀 銘九州肥後同田貫上野介」(王貞治氏寄贈) 
安土桃山時代・16~17世紀 九州国立博物館所蔵

同田貫どうだぬきは、南北朝時代に肥後国の豪族菊池氏が山城国より招いた来派らいはの刀工、延寿えんじゅ太郎国村の末裔まつえいとされる刀工一派です。華美を抑え、頑丈で切れ味のよい実戦刀として名高く、加藤清正のお抱え刀工として活躍しました。「世界のホームラン王」王貞治氏より九州国立博物館へ寄贈された豪刀です。

公式サイトはこちら

https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre163.html

開催概要

日程

2020.1.1〜2020.2.24

9時30分〜17時
毎週金・土曜日は20時まで
いずれも入館は閉館30分前まで

会場

九州国立博物館 4階 文化交流展示室 第9室
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4 -7-2

料金

大人430円、大学生130円など

休館日

毎週月曜日
(ただし、1月13日(月・祝)は開館、1月14日(火)は休館、2月24日(月・祝)は開館)

お問い合わせ

050-5542-8600(ハローダイヤル・8時~22時/年中無休)

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ