2020.9.6

【作家が語る】髙𣘺寬―工藝2020出展作品から

友禅訪問着 「露地」
髙𣘺 寬 2018年 W・D・H:130・-・175cm (個人蔵)【染織】

露地、お茶室に付属した庭、そこにある四盤敷などの踏石、それらをイメージしてデザインしました。一見、幾何学的ですが、イメージの中では具象と思って制作しています。従来から糯米(餅米の粉と粳米の粉で作る)を使用して、筒描きで一粒ずつ糊を置いて地染め、その後、もう一度糊を置いて二度目の地染め、染め上がったら何もしない。染色の原点のような技法でデザインを洗練していく、そのように心がけています。

髙𣘺 寛(1946- ) Takahashi Kan
東京都生まれ。東京都立八王子工業高校色染科卒業後、1965年友禅の中村勝馬に師事して内弟子となった。伝統工芸を主体に活動し、日本伝統工芸展で2008年及び2015年奨励賞を受賞した。幾何学的と映る自然のモチーフを心象のイメージでとらえ意匠化し、筒描きで糊の粒の密度に変化を与えながら染めを繰り返して線や面に動や奥行きの感覚を覚えさせた、簡明さのなかに情感を豊かに現す友禅の表現を示している。東京都練馬区在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ