2020.9.6

【作家が語る】河野榮一―工藝2020出展作品から

時空への旅
河野 榮一  2017 年 W・D・H:43・33・52cm (個人蔵)【陶磁】

果てしなき宙、海、大地をテーマとして制作。今作品は、海、宙への航海「未来でもある」を舟にたとえ、手びねり成形後、黒釉にて本焼し金銀箔を施した。時空への旅立ちを表現した作品。

河野榮一(1943- ) Kawano Eiichi
大阪府生まれ。1974年六代清水六兵衞、藤平伸に師事した。日展を主体に活動し、1978年及び2001年特選、2010年会員賞を受賞し、日工会展でも受賞を重ねた。京展や全関西美術展等で活躍し、1990年フレッチャー国際陶芸展グランプリ、1996年秀明文化財団秀明文化賞受賞。帆を張り航海する舟や天空の銀河を無限遠に旅する舟などを主題に、手びねりの形体に黒釉と金銀箔を施したオブジェ様の制作を手掛けている。《時空への旅》は、海あるいは宇宙の航海に旅立つ舟のイメージで、闇のなか月や星々の光が照らす様を黒釉と金銀箔とで表している。滋賀県大津市在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ