2020.9.6

【作家が語る】春山文典―工藝2020出展作品から

そらひびき
春山 文典 2017年 W・D・H:55・38・60cm (個人蔵)【金工】

宙へのロマンを奏でる音の祭器として表現した。素材・技法は、一般的にはアルミニウム素材は希少性がなく安価というイメージが持たれがちだが、造形素材として金属特性(比重は小、展延性に富む、融点が低い、表面は銹びにくく銀白色で美しい等)があり、造形表現の可能性に着目し、作品のテーマには真に合致し、主として鋳造技法を用いた作品である。

春山 文典(1945- ) Haruyama Fuminori
長野県生まれ。1971年東京藝術大学大学院美術研究科鋳金専攻を修了し、蓮田修吾郎に学んだ。日展を主体に活動し、日本現代工芸美術展で各賞の受賞を重ね、日展では1979年及び1984年特選、2000年文部大臣賞を受賞した。2016年日本芸術院賞受賞。アルミニウムの鋳造による、風が生むかたちや天空・宇宙などを主題に、自然と対峙する自身の心象を造形化している。2019年日本芸術院会員。東京都大田区在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ