2020.9.6

【作家が語る】友定聖雄―工藝2020出展作品から

A Silent Voyage
友定 聖雄 2017年 W・D・H:78・12・46cm (個人蔵)【ガラス】

月明かりの中、静かなる海に乗り、航海に出る船。内外の様々な問題が大波のように押し寄せる現在。未来に向け、穏やかで、静かで、平安に満ちた航海が出来るよう願い、制作しました。

友定 聖雄(1959- ) Tomosada Masao
兵庫県生まれ。大阪芸術大学工芸学科染色専攻卒業。日展を主体に活動し、2007年及び2015年特選受賞、日本現代工芸美術展でも受賞を重ねた。板ガラスをカットし接着、研磨して造形する積層ガラスによるオブジェの創作で、作品に入った光が屈折し拡散と反射、透過して深奥のカオスを想像させる。兵庫県神戸市在住。

工藝2020の出展作品一覧・関連記事はこちら

「工藝2020」開催概要や日時指定チケットの情報は公式サイトで

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/

Share

0%

関連記事Related articles

編集部からFrom the Editor

一覧ページへ